1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. ドライバーの飛距離が伸びず頭打ち。スイングも右・左で安定しないの解決法

ドライバーの飛距離が伸びず頭打ち。スイングも右・左で安定しないの解決法

2018/10/15 ゴルフトゥデイ 編集部

悩めるゴルファーにパーソナルな処方箋を提供する「内藤雄士のゴルフクリニック」のコーナー。今回は、ドライバーの飛距離が伸びず方向性が安定しないという川田さんの悩みを解決していきます。

【内藤雄士 プロコーチ】
1969年9月18日生まれ。東京都出身。米サンディエゴゴルフアカデミーやデイブ・ペルツショートゲームスクールなどで最新理論を習得して帰国。ラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し1998年からツアープロコーチとなる。現在は平塚哲二、矢野東らを指導。http://www.naitoyuji.com/

ドライバーの飛距離が伸びず、右に左に安定しないんです。

・名前:川田将雅さん
・生年月日:1985年10月13日
・ゴルフ歴:10年
・平均スコア:90
・ベストスコア:78
・練習:月に4回
・他スポーツ歴:乗馬を23年
・現在の球種:フック系

【川田さんの悩み】
ドライバーの飛距離が伸び悩んでいる。当たりが薄いこともあり、右に左に安定しない。

アドレスと下半身の動きを改善することで、上半身の強さをより活かせます。

川田:ジョッキーとして今年で15年目を迎えましたが、オフの楽しみはジョッキー仲間とのラウンドです。周りは上手な方ばかりなので、もっと成長したいと練習していますが、なかなか思うようにいかないので、内藤さん教えて下さい。悩みは、ドライバーの飛距離と安定感です。飛距離も頭打ちになっていて伸び悩んでいますし、方向性も乱れ出すとまず左へ曲がり、それをなんとかしようとして右にも出だして、ティショットでスコアを崩してしまうことが多いんです。

内藤:川田さんのスイングを見て、まず感じたのは上半身の強さです。しっかりスイングプレーンを保てていますし、それはゴルフに必要な広背筋などが、日頃のジョッキーとしての練習で鍛えられているということもあるでしょうね。ただ、パワーの伝達でもったいない部分があります。キャリーで230ヤード出る人って、実はアマチュアではほとんどいないんですよ。でもトータルで240ヤードほどというのは、もっと飛距離が出てもいい印象。バックスピン量が多めなので、2500回転くらいまでいかに抑えていくかですね。

川田:確かに、球が高くフケ上がってしまうような感じが、自分でも嫌なんですよね。もっと低い弾道で飛距離を伸ばしたいです。

内藤:それにはまず、アドレスから修正していきましょう。問題点は、最初に右腰のポジションが右に出ていること。これだとスエーしてしまい、トップでは体重が左に残ります。そしてダウンスイングで力を入れようとすると、今度は反対に体重が右に乗ってフェースが開いてしまうのです。いわゆる「ギッタンバッコン」気味なので、これを直せば球がつかまるようになりますよ。


▼右腰が右に出ている構えとスエーで、球がつかまりづらいんです。

アドレスで右腰が右に出てしまっていて、テークバック時にスエーが起きている。トップでは体重が左に残り、ダウンスイングでは反対に体重が右に。上半身の強さに比べて下半身の動きにギャップがあり、インパクトでの右足のケリが不足気味。

川田:自分でスイングを見ることはあまりないんですが、改めて見てみると、たしかにこのトップのカタチ、恥ずかしいですね(笑)。内藤さんのアドバイスどおり、右腰を右に出さずに構えてみると、テークバックしたときにムダに右に寄っていく感じがなくなりましたね!

内藤:それと、アドレスで右肘を外側に向けてグリップしているのも直しましょう。右肘を下に向けて、手の平だけを垂直にして握るグリップを覚えることで、フェースが開いて球をこすってしまうことがなくなります。

川田:グリップを修正したら、フェースがアドレスですでに閉じ気味になりました。これなら球のフケ上がりがなくなりそうです。

内藤:最後は、下半身の動きです。ダウンスイング時に右足の太モモをターゲット方向へ向けて、しっかり蹴ることで強いインパクトにしましょう。

川田:上半身の動きは雑誌でプロの連続写真などで見て、自分で真似しているんですが、下半身の動きまではイメージしづらかったので、具体的な修正点をいただけてよかったです。

内藤:これならスピン量が2500回転以下に抑えられ、飛距離も伸びると同時に、強いインパクトが可能になり、方向性もよくなりますよ。

ドライバーの飛距離をロスしている原因と対策

<原因>
右腰が右に出ている構えと、「リバースピボット」気味のトップで、インパクトで球がつかまりづらく、バックスピンがかかりすぎている。

<対策>
「逆くの字」のアドレスにし、グリップと右足のケリを修正すれば、インパクトで球を押し込めるようになる。

<結果>
バックスピンが抑えられ、飛距離が伸びる!!

ドライバーショット:パワーロスをなくし飛距離アップするための3ポイント処方!

アドレス:右腰を入れる構えでスエーも撲滅。しっかりパワーが伝達される。

「右腰を入れて、腰のラインを地面と平行に。」

アドレスで右に出ていて「くの字」だった右腰を、しっかり入れることで「逆くの字」にします。右腰が出てしまっているときには腰のラインが地面に対して左下がりでした。この状態からスイングを開始すると、ギッタンバッコンが起きてしまうのです。右腰を入れ、腰のラインを地面に対して平行に。下のBEFOREの写真と比べると、「逆くの字」に修正されたAFTERは球がつかまるアドレスになりました。これでパワーがしっかり伝達されるようになり、上半身の強さが活かせます。

(×)アドレスで右腰が右に出ている「くの字」はギッタンバッコンの原因に。

(◯)右腰を入れることで「逆くの字」に。これで腰のラインが地面と平行になる。

<BEFORE>
川田「自分では右腰が出ていることにはまったく気付いていませんでした」

<AFTER>
川田「アドレスを逆くの字に修正しただけなのに、トップで体重がしっかり右に乗せられるようになりました」

グリップ:右肘を外に向けずに下に向け、脇を締めてグリップすれば、球がつかまるようになる。

アドレスで右肘を外側に向けグリップすると、フェースが開いて当たりが薄くなりがちです。肘は下向きにしてグリップを作りましょう。肘を下向きにする理由は、バックスイングでプレーンに正しく乗せるということがいちばん大きな意味です。

フェースを少しかぶせて握り、ほんの少しハンドファーストで構えられることにより、フェースが開きづらくなる効果もあります。閉じたフェースを崩さず、ハンドファーストで力強いインパクトにできると、初速も伸びてスピン量も軽減できます。

1.右肘を下に向け
慣れるまでは順序を確認しながらグリップを作っていきましょう。

2.手の平だけを返し
右肘は下に向けたままで、右の手の平だけを垂直に返します。

3.脇を締めたままグリップ完成
これが、力強いインパクトが可能なグリップです。

<BEFORE>
川田「右肘が外を向いていたグリップが、フェースが開いてしまう原因だったんですね」

<AFTER>
川田「内藤さんに教わった手順でグリップしてみると、たしかにフェースが開かなくなりました」

下半身:右足太モモをターゲットへ向けてしっかり蹴る。

川田「ダウンスイングの際の下半身の動きまでは、まったくイメージできていませんでした」

川田「内藤さんの指導は魔法のよう!この右足のケリでランが伸びました」

ジョッキーの川田さんらしい力強い上半身に比べると、下半身の動きには改善の余地があります。切り返した後、右足太モモをターゲット方向に向けて、しっかり蹴ってみましょう。この動きがマスターできれば、上半身と下半身の連動性がよくなり、さらにインパクトで押し込める力強い球が打てるようになりますよ。

GOLF TODAY本誌 No.550 62〜65ページより

【関連】小柄でも飛ばせる!ドライバー飛距離アップの工夫を女子プロゴルファー5人が解説

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事