1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|お尻を抜いたアドレスがパットの成功率を高める

ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|お尻を抜いたアドレスがパットの成功率を高める

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド 第8回

2020/03/01 ゴルフサプリ 編集部

人が本来備わっているバランスセンサーを生かし、スイング中の重心を整える「グラビティメソッド」。再現性を高め、飛距離も方向性もアップするゴルフ新理論を公開!

大本研太郎
(おおもと・けんたろう)
レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格を所持し、データと理論に基づくレッスンに定評がある。新理論「グラビティメソッド」で、2018年PGAティーチングアワード最優秀賞。「GPC恵比寿」主宰。1974年生まれ。

腰を反ったアドレスは手打ちになりやすい

今回からパッティングについて説明します。最初はバランスの良いアドレスについてです。「またアドレスの話?」と思われるかもしれませんが、ここがすべてのショットの基本であり、実はミスショットの大半は、アドレスが悪いことから生まれています。構えた時点で、ミスを誘発する状態になっている人はとても多いのです。

アドレスの基本はショットと同じ前後左右50:50の「土踏まず重心」です。パッティングではドライバーよりも10度以上前傾が深くなるため、首が垂れやすくなります。その分、お尻を後方に「抜いて」、バランスをとります。このとき、腰に張りが生まれないようにすることがポイントです。腰を反るように構えてしまうと、胸郭の動きが妨げられてしまい腕が主体のストロークになります。これはショットでも同様で、手打ちになるだけでなく、腰も痛めやすいので注意してください。

グリップは右手が下になるので、右肩が下がらないようにグリップ位置を左太ももの前にします。クロスハンドグリップも両肩の高さを揃えるのに有効です。

お尻を抜いたアドレスが パットの成功率を高める

頭の重さを土踏まずで感じる

バランスの良いアドレスは、前後左右が「50:50」で土踏まずに重心がある。首が垂れないように、お尻を後方に「抜いて」、頭の重さとバランスをとる。

歩くようにアドレスに入り、お尻を「抜いて」構える

歩くように自然な動きで、右手右足の順にアドレスする。右手と右足が同時に前に出るような不自然な入り方だと、筋肉に緊張が生まれる。

お尻を「抜く」とは、聞き慣れない表現だが、お尻を後ろに移動しながら、腰の裏に張りがない状態を作ること。これによって、頭が前に出ている分だけ、前後のバランスをとる。

頭が垂れるのを避けて、腰を反るのも悪いアドレス。胸郭が動きにくくなってしまうので、手主導でストロークせざるを得なくなる。また、腰を反ったアドレスは、ショットでは腰を痛めやすい。

パッティングでは、ドライバーに比べて10度以上前傾が深くなるため、首が垂れやすい。重心がつま先寄りになって、ひじが引けやすいのでストロークも不安定になる。

グリップ位置は左内ももの前が正解

左太もも前が正しいグリップ位置

右手を下にするグリップの場合、右肩の高さが下がってしまいがち。グリップ位置を左太ももの前に置くことで、両肩の高さをキープできる。

真ん中でグリップすると体が右に傾く

右手が下の状態で、グリップ位置が真ん中になると、上体は右に傾くため、方向性は大幅に悪くなる。

高さが揃いやすいクロスハンド

グリップ位置を変えたくない人は、クロスハンドグリップがオススメだ。両肩の高さが揃いやすくなる。

GOLF TODAY本誌 No.562 76〜77ページより


カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season1―

 第7回(前回)へ Season2へ

【シリーズ一覧】カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season1―
第1回 人間にとって『自然な動きが、スイングを良くする』
第2回 アドレスは50:50が正解!
第3回 スイングのイメージは、パッティングから作る
第4回 20ヤードのアプローチをフルスイングにつなげる
第5回 回転運動のアプローチから時間差のあるフルスイングへ
第6回 「振る」でも「返す」でもない腕は「ネジる」が正解
第7回 遠心力を管理すれば、フルショットが安定する
第8回 お尻を抜いたアドレスがパットの成功率を高める
Season2へ

【関連】
ゴルフスイング新常識|下半身リードは誤解だった!?上半身リードのススメ
ウェッジの選び方ミスがアプローチ苦手原因の7割|失敗しない選び方!

関連記事