1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|“かめはめ波ドリル”で飛距離アップ!

ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|“かめはめ波ドリル”で飛距離アップ!

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド Season2 第2回

2020/03/20 ゴルフサプリ 編集部

スイング中の重心を整え、再現性を高める「グラビティメソッド」。
基礎編を終え、いよいよ今月から実践編がスタート!

大本研太郎
(おおもと・けんたろう)
レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格を所持し、データと理論に基づくレッスンに定評がある。新理論「グラビティメソッド」で、2018年PGAティーチングアワード最優秀賞。「GPC恵比寿」主宰。1974年生まれ。

“かめはめ波ドリル”で飛距離アップ!

グラビティメソッドの核心の一つであるカウンター動作。
それをマスターし、飛距離アップ出来る“かめはめ波ドリル”を解説!

注:実際のドリルでは左手は甲側を前に出す。ダウンスイング以降

【かめはめ波とは?】
漫画『ドラゴンボール』に登場する架空の技。エネルギーを貯めて、一気に放出する。

カウンターが入れば、コンパクトでも飛ばせる

前回は「五角形ガニ股ドリル」を紹介しました。腕は五角形に保ち、足はガニ股にして、下半身の土台の上でスイングする安定感を体感できるドリルです。

このドリルでは、飛距離は出しにくいので、今回は飛ばせるドリルを紹介しましょう。

それが「かめはめ波ドリル」です。漫画『ドラゴンボール』の“かめはめ波”のように、下半身を低くして上半身をねじり、切り返しでは左手甲を目標方向に伸ばすようにします。フォローで左ヒザは伸びて、胸が左方向を向きます。

このドリルのいいところは、上半身と下半身の捻転差ができ、切り返しでの時間差を作ることができることです。多くのアマチュアは上半身と下半身が同一方向に動いていて、再現性が低くパワーも生み出せていません。

実際のスイングに置き換えるときは、スイング中に生まれるクラブの遠心力に対して、その大きな力に負けないように、カウンター動作を入れるのが、パワーを生む秘訣です。私がコーチしているプロもこのドリルで、飛距離アップに結びつけています。ぜひ試してみてください。

捻転差を作り、カウンター動作を習得する!【かめはめ波ドリル】

ガニ股にした下半身を低く下げて、上半身を左方向に捻る。右足ではなく、左足の土踏まずに体重が乗るようにするのがポイント。コンパクトで下半身の土台に乗ったバックスイングが出来る。

衝撃波を出すように手は飛球線方向へ。つられて胸が左に回転し、左ヒザが伸びる。クラブの遠心力に負けないカウンター動作になる。左手の甲が進行方向を向くのが、漫画の“かめはめ波”と異なる点だ。

遠心力に負けなければ、大きなパワーが生まれる!

バックスイングでは左、フォローではやや右に荷重して、クラブの大きな遠心力にカウンターを入れるのがグラビティメソッド。素振りでオーバーに動作するくらいで、ようやく実際のスイングでバランスが取れる。その結果、コンパクトながら、大きなエネルギーを生むことができる。

切り返しで、スイング軸が切り替わる!

“かめはめ波ドリル”では、バックスイングとダウンスイング以降での、スイング軸の切り替わりを習得できる。胸が左に向くことで、フォローでは左に傾いた軸になる。

スイング軸は右に傾いている。

左に傾いたスイング軸になる。

GOLF TODAY本誌 No.566 116〜117ページより


カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season2―

 第1回(前回)へ 第3回(前回)へ

【シリーズ一覧】カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season2―
第1回 “杉原輝雄ドリル”で究極の安定を体感する!
第2回 “かめはめ波ドリル”で飛距離アップ!
第3回 “グーチョキパードリル”でクラブの使い方を習得する!
第4回 上下、左右、前後を分離してバランスをキープする
第5回 トッププロのスイングから上下、左右、前後の分離を学ぶ
第6回 基本はパッティングにあり!ゴルフクラブの特性を理解する
第7回 ゴルフは三次元振り子フェースは自然に開閉する
第8回 クラブの特性を理解して、「閉→開→閉」をマスターする
第9回 クラブの「テコ」が使えると、ゴルフは簡単になる
第10回 ダウンスイングの「テコ」がヘッドを走らせる!
Season1へ

関連記事