1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. ZOZOチャンピオンシップ2021
  4. ブレンダン・スティールが6番で3つ目のバーディを奪って、松山英樹に1打差追い上げ

ブレンダン・スティールが6番で3つ目のバーディを奪って、松山英樹に1打差追い上げ

ZOZOチャンピオンシップ最終ラウンドレポート

2021/10/24 ゴルフサプリ 編集部

ブレンダン・スティールが6番で3つ目のバーディを奪って、松山英樹に1打差追い上げ

10アンダー、単独トップで逃げ切りを図る松山英樹を後続が追い上げる。中でも、6アンダーの3位タイからスタートしたブレンダン・スティールが6番ホールを終えて3バーディ。トータルスコアを9アンダーに伸ばして猛追。

PGAツアー3勝、38歳のベテランがジワジワ追い上げ

ブレンダン・スティールが6番で3つ目のバーディを奪って、松山英樹に1打差追い上げ

バーディチャンスにつけるものの、なかなかバーディがとれない松山英樹。パーをセーブしながらチャンスを待つが、その間に実力者揃いの後続が追い上げてきた。6アンダーの3位タイという位置から追い上げるのはブレンダン・スティール(米国)。1993年生まれの38歳、チャンスの多いOUTコース、出だしの2番ホールでバーディを奪うと4番ホールでも長いバーディパットを決めてスコアを伸ばす。さらに、18ホール中2番目に難易度が低いとされている6番・パー5でもしっかりバーディを決めて、トータル9アンダー、スコアを3つ伸ばす。この時点で5番ホールをプレーしていた松山英樹に1打差と迫った。

10メートルねじ込んだ!松山英樹が6ホール目でイーグル奪取!速報「ZOZOチャンピオンシップ」最終日

10月24日、PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の最終日。単独トップの10アンダーからスタートした松山英樹は最初の5ホール...

あわせて読みたい

関連記事