1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 【ZOZO CHAMPIONSHIP速報】最終日、始まる。タイガーはボギー発進!

【ZOZO CHAMPIONSHIP速報】最終日、始まる。タイガーはボギー発進!

松山英樹は13番PAR3からスタート、無難にパー発進

2019/10/28 ゴルフトゥデイ 編集部

大会第4日を第3ラウンドとファイナルラウンドの途中まで進め、タイガー・ウッズは11番ホールまでプレーし、トータル18アンダーまでスコアを伸ばして単独首位。最終日は、7時半からのショットガンスタートで始まった。

首位を快走するタイガー・ウッズは12番・490ヤード・PAR4からのスタート。ティショットは左サイドのフェアウェイをとらえるも、アイアンでのセカンドショットをダフリ、飛距離が足りずボールはグリーン右サイドのバンカーへ。

バンカーからの3打目はピンまで3〜4mの上りの少し長いパーパットを残す。このパーパットを惜しくもカップ左に外し、このホールをボギーとして、スコアをひとつ落とす始まり。

だが、次の13番パー3でティショットを9番アイアンでピン手前2メートルにつけ、バーディチャンス。観客のボルテージが、一気に上がった。

早朝からのスタートにも関わらず、大勢のギャラリーを引き連れてタイガーの最終日が始まった。

前日のプレーで第3ラウンドを6バーディ・1ボギー、ファイナルラウンドの12番ホールまでを4バーディ・2ボギーとして、トータル15アンダーで最終日を迎える松山英樹は13番ホール・143ヤード・パー3から再開。

松山の1打目はカップから10メートルの右サイドへ。ここから絶妙なタッチでカップ右30cmに寄せて、出だしパーとする。

2番ホールまで、ほかの選手がカートで移動する中、タイガーだけは歩いてティグラウンドへ移動。エンジンを暖めていたのか。

取材・文:角田柊二
写真:岩崎愛里

関連記事