1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. キャンペーン
  4. 古閑美保が注目の若手女子プロゴルファーにエール|高橋彩華 編

古閑美保が注目の若手女子プロゴルファーにエール|高橋彩華 編

File 13

2020/01/28 ゴルフサプリ 編集部

次々に実力派の若手プレーヤーが登場してくる国内女子ツアー。レポーターとしても活躍を見守る元賞金女王・古閑美保が、彼女たちにエール!! 技術や素顔、エピソードなどなどお届けします。

高橋彩華(東芝)
1998年7月24日生まれ。162cm、55kg。
新潟県出身。A型。18年プロテスト合格。
19年賞金ランク19位。
プロツアー参戦1年目の18年は、出場29試合中17試合で予選落ちを喫し賞金ランク92位に終わったが、2年目の19年はトップ10入り8度の活躍を見せ、一挙に賞金ランク「トップ20」入りを果たした。

一打一打の切り離しがうまい!! ゴルフする感じはすごく“ドライ”!

体もしっかりしていてバランスがよく、落ち着いたゴルフをするイメージです。しかも、とても「切り替え」が上手に映りますね。いわゆる「黄金世代」の一人でまだ21歳なのに、まったくバタバタしている感じがなくて、普段の性格はわからないですが、ゴルフをする感じはすごくドライ。一打一打の切り離しがうまいというか、一打、一打切っていくゴルフ。よく言えばミスしても1打で消せる、でも悪く言えば、いい流れも持続しにくい一面もあるかな、と。
さらに4ラウンド目の平均ストロークがとても良くて(ランク7位)、最終日に強い! という印象も。これは体力と勝負強さを持ち合わせている証拠。流れを自分で作れるようになれば、もっともっと上を目指せるはず。なんとなく、ちょっと殻に閉じこもっているというか、自分の可能性にストップをかけているようなイメージも……、もっと大胆に殻を破ってチャレンジしてほしいな‼︎

真の実力者しか上にいけない最終戦。「リコーカップ」27位が現実。奮起に期待!!

選ばれた人だけが出場できる最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」。この試合だけは、真の実力者しか上にいけない大会だと私は考えています。会場の宮崎カントリークラブは、距離もしっかりあって、セカンドショットでしっかり高い球が打てないと止められないし、外すとティフトンが混じったような難しいラフで、おまけにグリーンもめちゃくちゃ難しい! 全部うまくないと勝てないし、まぐれで上位に食い込むことも難しい、まさに、最終戦にふさわしく実力が試されるコースなんです。
初出場だった高橋さんは出場32人中27位タイ。悔しかったと思いますよ。ただこれが現実。しっかり受け止めてさらなる飛躍に期待したいですね。そんな私も05年18位タイ、06年20位タイと2年連続で不甲斐ない成績に終わり、そこから奮起。すべての底上げをはかり、07年、08年と連覇! なにか感じてくれれば、大爆発の可能性もみえてくるかも!

こがみほ/1982年7月30日生まれ。167㎝。01年プロ入りし、03年にツアー初優勝。08年には年間4勝を挙げて賞金女王に。11年、左手首の故障もあり29歳の若さで現役を引退。通算勝利数は12勝。『FOXスポーツ&エンターテインメント』で『古閑美保のスマートゴルフレッスン』を放送中。2017年、男子プロの小平智と入籍。

GOLF TODAY本誌 No.572 96ページより


古閑美保が注目の若手女子プロゴルファーにエール

 小祝さくら編 を読む 柏原明日架編 を読む

【シリーズ一覧】
●File 1畑岡奈紗
●File 2比嘉真美子
●File 3アン ソンジュ
●File 4鈴木 愛
●File 5松田鈴英
●File 6成田美寿々
●File 7勝みなみ
●File 8渋野日向子
●File 9上田桃子
●File 10原 英莉花
●File 11河本 結
●File 12小祝さくら
●File 13高橋彩華
●File 14柏原明日架
●File 15新垣比菜
●File 16岡山絵里
●File 17脇元 華

関連記事