1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 渋野日向子の優勝争いで盛り上がった全米女子オープン。2021年の予選日程を発表!

渋野日向子の優勝争いで盛り上がった全米女子オープン。2021年の予選日程を発表!

日本を含め米国以外での開催は未定

2021/01/28 ゴルフサプリ編集部

昨年12月に開催された全米女子オープンでは、渋野日向子がメジャー2勝目にあと一歩まで迫る熱戦を披露し、おおいに盛り上がった。今年は6月に開催されるが、本戦出場の権利を争う米国内での予選開催日程が発表された。

コロナ禍により昨年は中止された予選を今年は開催

全米ゴルフ協会は現地時間26日に世界のメディアに向けてリリースを配信、6月3日に開幕する今年の全米女子オープンの予選日程を発表した。決まったのは米国内での22会場だ。

全米女子オープンというのはその名のとおり、プロアマ問わず広く門戸が開かれている大会。毎年複数箇所で地区予選を行ってきたが昨年はコロナ禍の影響ですべて中止になった。シニア・マネージング・ディレクターであるジョン・ボーデンハマー氏は、「昨年は多くの点で困難な年であり、予選を中止するという決断は簡単にはできませんでした。今年の大会では無事に予選を復活させることができたことと門戸を広げることができたことに感謝しています」という声明を出した。

渋野日向子は本戦出場権を確保。渋野に続く若手がチャンスをつかめるか!?

例年開催されている英国、日本、中国、韓国などの予選に関しては、コロナ禍の影響を考慮して数週間以内に決めると発表された。昨年4位に入った渋野は予選が免除され出場権を確保しているが、例年多くの日本人選手がメジャーへのチャンスをつかんでいるだけに、日本での最終予選開催が期待される。

第76回を迎える今年の全米女子オープンは6月3日から6日まで、カリフォルニア州サンフランシスコのオリンピッククラブ・レイクコースで開催。全米女子オープンは初めての開催となるが、5度の全米オープン(1955年、1966年、1987年、1998年、2012年)、3度の全米アマチュア(1958年、1981年、2007年)が開催された名門コースだ。

関連記事