1. TOP メニュー
  2. 検索結果:ギアモノ

検索結果:ギアモノ記事一覧

パーシモン、メタル、そしてカーボンウッドへ ~ドライバーの新しい時代がはじまる~ |テーラーメイド ステルス【ギアモノ語り】

新作ではなくて、新しい時代―。1979年にテーラーメイドが世界初のメタルウッドを発売したことで、ドライバーの歴史は、パーシモンからメタルウッドの時代に突入。そして2022年、テーラーメイドはカーボンウッドを...

2022/02/04

3年前のどん底から復活できたフォーティーンの哲学とは|FOURTEEN【ギアモノ語り】

今年40周年を迎えたフォーティーンはアイアンでは『TB‐5フォージド』、ウェッジでは『TK‐40フォージド』が生産が追いつかないくらい好調なセールスを続けている。しかし、3年前には「どん底」というべき危機を迎...

2021/12/01

テーラーメイドはなぜ革命を起こせたのか?|TaylorMade SIM2【ギアモノ語り】

SIM2。もしかすると、その名前はふさわしくないかもしれない。昨年、№1ドライバーとして大ヒットしたSIM。今年の新モデルはその2代目ではあるが、決してSIMの進化版ではなく、ドライバーの歴史において分岐点にな...

2021/05/12

第2のAI革命が導いた最速|Callaway EPIC|ギアモノ語り

はじめてキャロウェイがAIを使ってフェースを開発したのが、2年前の『エピックフラッシュ』。今年の新『エピック』ではフェースだけでなく、『エピック』の象徴的なテクノロジーをAIが設計。それが最速のスピード...

2021/04/21

ピンG425開発秘話|G410を超えるために【ギアモノ語り】

2018年の『G400』がピン史上最高の売り上げを記録すると、2019年には『G410』がさらなる大ヒットとなり、日本では11年連続で増収を達成。世界中のツアーで60勝以上を飾り、大旋風を起こした。そし...

2021/01/16

Yamaha inpres UD+2 振動を知るヤマハだから“+2”が進化|ギアモノ語り

ヤマハにはもちろん、クラブ開発のチームがある。しかし、新作『インプレスUD+2』の開発を担当したのはさらに技術色の強いATチームからきた2人。ATはアドバンスドテクノロジーの略称で、次世代の先端技術を開発し...

2020/11/24

最下位からNo.1になったスピーダーの逆転秘話 |ギアモノ語り

スピーダーエボリューションの快進撃が止まらない。カスタムシャフト市場では40%を超えるNo.1シェアを獲得し、ここ数年、日本の女子ツアーでも使用率1位を継続。しかし約10年前、2011年頃のシェアはわずか2%で4大...

2020/10/14

adidas Golf CODECHAOS ゴルフシューズの常識を破壊できた秘密|ギアモノ語り

今、一足のシューズがゴルフシューズの歴史を変えようとしている。一見、ゴルフシューズには見えない『コードカオス』は、今年2月に世界同時発売されると多くの国で大ヒットし、最も大成功をおさめている日本では...

2020/08/01

第3世代複合構造ドライバーさらなる進化の予感|ギアモノ語り

ドライバーの進化が止まらない。主要メーカー2020年モデルドライバーの63%がカーボンコンポジットと呼ばれる複合構造となっている。さらに、その中にはより進化した複合構造を持ったモデルが同時多発的に出現して...

2020/06/24

不変のオノフ哲学に内なる進化を。ONOFF AKA|ギアモノ語り

ゴルフクラブというより、ゴルフの道具という雰囲気が漂っているオノフ。大人のゴルファーをターゲットにした上質なブランドは、ときどき誕生する。しかし、オノフが偉大なのは約20年にわたり、オノフだけの世界...

2020/05/27

テーラーメイドSIMに隠されていた2つめのS|ギアモノ語り

テーラーメイドが革新的テクノロジーを追求し、その開発に最大限の力を入れていることはモデル名にもあらわれている。マルチマテリアルの意味を込めた『M』、そしてシェイプインモーションの頭文字をつけた『SIM...

2020/05/05

AIだけではなかったキャロウェイの開発革命|ギアモノ語り

初めてAIを使って開発した19年の『エピックフラッシュ』が米国No.1セールスを記録し、20年モデルの『マーベリック』ではAI設計をさらに拡大。今、キャロウェイと言えばAIのイメージが強い。しかし、開発拠点とな...

2020/04/16

ゴルフクラブ「本間ゴルフ TW747」開発ストーリー秘話(3/3)|ギアモノ語り

そのニュースは日本だけでなく米国や欧州のゴルフ界でも話題になった。世界ランク1位のジャスティン・ローズがHONMAと契約。なぜ、世界のトップ選手がメイド イン ジャパンのHONMAを選んだのか? 今回、酒田工...

2019/06/27

ゴルフクラブ「本間ゴルフ TW747」開発ストーリー秘話(2/3)|ギアモノ語り

そのニュースは日本だけでなく米国や欧州のゴルフ界でも話題になった。世界ランク1位のジャスティン・ローズがHONMAと契約。なぜ、世界のトップ選手がメイド イン ジャパンのHONMAを選んだのか? 今回、酒田工...

2019/06/26

ゴルフクラブ「本間ゴルフ TW747」開発ストーリー秘話(1/3)|ギアモノ語り

そのニュースは日本だけでなく米国や欧州のゴルフ界でも話題になった。世界ランク1位のジャスティン・ローズがHONMAと契約。なぜ、世界のトップ選手がメイド イン ジャパンのHONMAを選んだのか? 今回、酒田工...

2019/06/24

ゴルフクラブ「PING G410」開発ストーリー秘話(2/2)|ギアモノ語り

~親子3代にわたる不変の哲学~ 今年で創業60年目を迎えたPING(ピン)。新モデルには『G410プラス』という名称がつけられているが、親子3代にわたる家族経営を続け、“前作を超えない限り発売しない”という哲学...

2019/05/23

ゴルフクラブ「PING G410」開発ストーリー秘話(1/2)|ギアモノ語り

~親子3代にわたる不変の哲学~ 今年で創業60年目を迎えたPING(ピン)。新モデルには『G410プラス』という名称がつけられているが、親子3代にわたる家族経営を続け、“前作を超えない限り発売しない”という哲学...

2019/05/22

ゴルフクラブ「キャロウェイ エピックフラッシュ」の開発ストーリー秘話|ギアモノ語り

ゴルフクラブの開発で初めてAIを導入したことで話題になっている キャロウェイの『エピック フラッシュ』。2年前に世界中で大ヒットした『GBB エピック』の後継モデルであるが、なぜ、今回はAIなのか? AIとス...

2019/02/22

ゴルフクラブ「ヤマハ インプレスUD+2」の開発ストーリー秘話|ギアモノ語り

今、アイアン市場では“飛び系アイアン”が人気になっているが、その発端が2014年発売の初代『インプレスRMX UD+2』だった。“+2”とは2番手の飛距離アップという意味で、『UD+2』は初代も2代目も人気モデルとなった...

2019/02/17