1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. 星野陸也のドライバースイング連続写真を解説

星野陸也のドライバースイング連続写真を解説

2021/07/07 ゴルフトゥデイ 編集部

星野陸也,ドライバースイング

日本男子ツアー通算5勝。186cmの長身を生かした大きなアークのスイングから繰り出されるドライバーショット、グリーンを狙うアイアンショットのキレが長所。練習熱心な選手であり、トーナメント会場の練習場で延々と練習する姿が印象的だ。着実に実力を伸ばし、東京五輪ゴルフ競技の出場枠も勝ち取った。そんな今後が楽しみな星野陸也のドライバースイングを解説する。

天性の感覚の良さが光る将来有望なロングヒッター

「トップでフェースをクローズにしているようですが、タメが強く、インサイドからアタックしているのでインパクトのバランスが取れています。

特徴的なのは上に振り抜いていくフォロー。フェードでも、同じように振り抜いていくので、感覚で球筋を打ち分けるのが上手いんでしょうね。体幹がさらに強化されたら、まだまだ飛ばせるでしょう」(田島創志)

星野陸也のドライバースイング(正面写真)

アドレス

星野陸也,ドライバースイング,アドレス
グリップはややストロンググリップ。

バックスイング

星野陸也,ドライバースイング,バックスイング
テークバックでは始動と同時に顔も一緒に上体が右を向く。
星野陸也,ドライバースイング,バックスイング
クラブの動きを追うように顔が右を向くほど、体を動かす意識が強い。
星野陸也,ドライバースイング,バックスイング
星野陸也,ドライバースイング,バックスイング

トップ

星野陸也,ドライバースイング,トップ
トップではフェースがクローズ。始動からトップまで大きく体を使っているが、頭の位置はいっさいブレない。

ダウンスイング

星野陸也,ドライバースイング,ダウンスイング
左足をしっかり踏み込んで切り返し。
星野陸也,ドライバースイング,ダウンスイング
大きなアークで力を乗せていく。
星野陸也,ドライバースイング,ダウンスイング
タメが強く、リリースはインパクト直前。

インパクト

星野陸也,ドライバースイング,インパクト
インパクトゾーンの加速感がすごい。インパクト手前から、一気に腰が回転する。

フォロースイング

星野陸也,ドライバースイング,フォロースイング
頭の残り方から、見事なヘッド・ビハインド・ザ・ボールということが見て取れる。
星野陸也,ドライバースイング,フォロースイング
フェースターンをしようとせずに、インサイドから上へ振り抜いていく。

フィニッシュ

星野陸也,ドライバースイング,フィニッシュ
体を大きく使ったスイングなのでフィニッシュも迫力がある。
星野陸也

星野陸也(フリー)
ほしの・りくや。1996年5月12日生まれ。茨城県出身。ゴルフを始めたのは6歳だが、並行してサッカーや水泳などでも体を動かしていた。中学時代は卓球部に所属。プロ転向は2016年。2017年の「NovilCup」(下部ツアー開幕戦)でプロ初勝利。石川遼を慕い、合宿を共にするなどしている。ツアー屈指の若き飛ばし屋。2018年「フジサンケイクラシック」でツアー初優勝を飾り、ツアー2勝目は2020年の「フジサンケイクラシック」で堀川未来夢とのプレーオフを制した。そして、2021年には「関西オープン」、「アジアパシフィックダヤモンドカップ」で勝利し、通算5勝。2020東京五輪、ゴルフ競技代表選手。

星野陸也のドライバースイング(後方連続写真)

体を大きく使った星野陸也のスイングは、捻転不足で飛距離が伸びないと悩むアマチュアゴルファーにとって参考とすべきポイントが満載。ここからは後方から星野陸也のスイングを観察してみよう。

アドレス

星野陸也,ドライバースイング,アドレス

バックスイング

星野陸也,ドライバースイング,バックスイング

星野陸也,ドライバースイング,バックスイング

星野陸也,ドライバースイング,バックスイング

トップ

星野陸也,ドライバースイング,トップ

ダウンスイング

星野陸也,ドライバースイング,ダウンスイング

星野陸也,ドライバースイング,ダウンスイング

星野陸也,ドライバースイング,ダウンスイング

インパクト

星野陸也,ドライバースイング,インパクト

フォロースイング

星野陸也,ドライバースイング,フォロースイング

星野陸也,ドライバースイング,フォロースイング

星野陸也,ドライバースイング,フォロースイング

フィニッシュ

星野陸也,ドライバースイング,フィニッシュ


田島創志

解説/田島創志(ニドムクラシックC)
1976年9月25日生まれ。群馬県出身。2000年にプロへ転向。 初優勝は2003年の「久光製薬 KBCオーガスタ」。2014年にはチャレンジ開幕戦「Novil Cup」で逆転優勝。ツアーに挑戦するかたわら、解説やレッスン活動等でも活躍中。

連続写真/相田克己(東建ホームメイトカップ2021)

【プロゴルファーを連続写真で解説】
松山英樹のドライバースイング
石川遼のドライバースイング
今平周吾のドライバースイング
池田勇太のドライバースイング
渋野日向子のアイアンショット
渋野日向子のアプローチ
河本結のドライバースイング
松田鈴英のドライバースイング
小祝さくらのドライバースイング
渡邉彩香のドライバースイング
セキ ユウティンのドライバースイング
笹生優花のドライバースイング
安田祐香のドライバースイング
臼井麗香のドライバースイング
柏原明日架のドライバースイング
田中瑞希のドライバースイング
星野陸也のドライバースイング

直近急上昇記事

関連記事