1. TOP メニュー
  2. ゴルフクラブ
  3. ドライバー
  4. Mizuno(ミズノ)
  5. 2021 ST-X ドライバー 20 MFUSION D カーボンシャフト

Mizuno(ミズノ)

2021 ST-X ドライバー 20 MFUSION D カーボンシャフト

基本仕様

シャフト 20 MFUSION D カーボンシャフト
シャフトスペック 重量:49/44/39g 、トルク:5.6/6.4/7.2°、キックポイント:中調子 (S/SR/R)
内容 グリップ:ゴルフプライド 360ライトラバーグリップ グレー/ブラック(M60/37g)
付属品 専用レンチ、専用ヘッドカバー付き

製品説明

STシリーズに2タイプのドライバーが新登場 ! 【高初速×低スピン、つかまりの「ST-X」、直進性の「ST-Z」を発揮するカーボンコンポジット構造】●クラウン部。クラウンを軽量化することで低重心化、高弾道、低スピンの強弾道を生み出します。ミズノ独自のハーモニックインパクトテクノロジーにより、カーボンクラウンでも、打感の良さを実感していただけます。●ソール部。『ST-Xドライバー』ソールのトウ部分に大きなカーボンパーツを配置。余剰重量をヒールバック部に配置し、重心距離を短めに設定することによりヘッドを返しやすく、ボールがつかまりやすくなりました。『ST-Zドライバー』ソールのトウ・ヒール部分にもカーボンパーツを配置。余剰重量をバック部に配置し、重心深度を深く、慣性モーメントを拡大することにより、インパクト時のブレを抑え安定感を高めます。【高初速を生み出すテクノロジー】●フォージドβチタンフェース。フェース材には、一般的なチタン合金(6AI-4V)に比べ、約17%強度が高く、約8%たわみやすい特性を持つフォージドβチタン合金(2041Ti)が使用されています。●NEWコアテックフェースデザイン。フォージドβチタン合金(2041Ti)のポテンシャルをさらに引き出すために、フェースの中心部に厚みを持たせ、フェース周辺部を薄くすることにより、フェースのたわみを増幅させたミズノ独自のフェース肉厚設計。従来の設計よりもさらにフェース下部にも薄いエリアを設け、下打点での反発性能を高め、フェースの広い範囲でルール内限界の高い反発性能を発揮します。●WAVEテクノロジーソール。インパクト時、フェース周辺からたわませることでフェースのたわみ量をアップさせることでボール初速をアップ。アドレス時のヘッドの座りに影響が出ないように、WAVEの形状も進化しました。

関連記事

2022年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2022年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい

ミズノ ドライバーおすすめ7選|価格・スペック徹底比較

ミズノといえば、軟鉄鍛造アイアンの人気が高いブランドでしたが、最近はLPGAツアーで、契約選手の原絵莉花選手や吉本ひかる...

あわせて読みたい


NIKIGOLF onlineでの販売価格

64,350 円(税込)
購入はNIKIGOLF onlineへ

ゴルフサプリのゴルフクラブ検索は、NIKIGOLF online からデータを提供いただいています。

関連製品