1. TOP メニュー
  2. 検索結果:いまどきツアーをデータ斬り

検索結果:いまどきツアーをデータ斬り記事一覧

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.28

今回もホールインワンのデータを取り上げたい。前回の量産選手とは逆に、国内ツアーで一度もホールインワンを記録したことがない主な選手を紹介する。男女とも意外な大物がエース未体験だった。

2020/05/31

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.27

ホールインワン王・女王は誰だ! 今回は国内ツアーでホールインワンを量産している選手を紹介する。データを分析すると、量産選手の多くにある共通点があることが分かった。

2020/05/24

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.26

 一般アマチュアで2000ラウンドに1回とも3000ラウンドに1回ともいわれるホールインワン。国内ツアーでの確率を調べると、はるかに高い数値が出た。特に女子ではこのところ確率が一段と高まっている。

2020/05/17

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.25

昨シーズンの国内ツアー最難関ホールはどこだ! 前回の男子に続いて今回は女子ツアー編。難易度1位ホールの攻防が優勝争いに直結した。

2020/05/10

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.24

 選手を最も苦しめたホールはどこだ! 今回、次回と昨年の国内ツアーで最も難しかったホールを紹介する。今回は男子ツアー。最難関は“王座”に君臨し続けるあのホールだった。

2020/05/03

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.23

 昨年の女子ツアーは好スコアでの優勝が相次いだ。優勝スコアの平均は12.2アンダー。これは、女子ツアー史上最高の記録だった。

2020/04/26

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.22

前回に続いてツアープロの最大飛距離を取り上げる。今回は日本女子ツアー。女子でも300ヤードを大きく上回る記録が続出していた。

2020/04/19

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.21

飛距離がグングン伸びている今の時代、ツアープロはいったいどれだけ飛ばせるものなのか。今回は米ツアーにおける最大飛距離のデータをピックアップ。歴代1位は、驚がくの数字だった。

2020/04/12

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.20

プロ1年目の目標として「常に30位以内」を掲げた安田祐香。一見、控え目な数字に思えるが、実はこれ、驚くくらいに高いハードルなのだ。

2020/04/05

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.19

3月8日付の世界ランキングで1位を守ったロリー・マキロイが世界No1の通算期間を100週に伸ばした。通算100週はグレッグ・ノーマン、タイガー・ウッズに続く史上3人目の快挙である。

2020/03/29

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.18

米シニアのPGAツアー・チャンピオンズ、コロガードクラシックでベルンハルト・ランガーが今季初勝利を挙げた。同ツアー通算41勝となったランガーには今季、2つの大記録更新の可能性がある。

2020/03/22

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.17

男子の新選手会長に就任した時松隆光。プレー以外でも多忙な1年となりそうだ。そんな時松に現在継続中の記録があることはあまり知られていない。それは、連続試合出場だ。

2020/03/15

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.16

昨年大ブレークした渋野日向子の代名詞にもなったのがボギーかそれより悪いスコアとなった直後のホールでバーディー(それよりいいスコアも含む)を奪うバウンスバックだ。バウンスバック率はぶっちぎりの1位。そ...

2020/03/08

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.15

米ツアーのジェネシス招待で大会ホストでもあるタイガー・ウッズは68位に終わった。会場のリビエラCCでウッズは未勝利。今年で13回目のプレーだったが、またもや鬼門に跳ね返された。

2020/03/01

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.14

女子ツアーの開幕が近づいてきた。注目は安田祐香らプラチナ世代と呼ばれる2000年度生まれの面々がプロデビューすることだ。すでにプロで大活躍している2年先輩の黄金世代とデータで比較すると、プラチナ世代への...

2020/02/23

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.13

男子の世界ランキング上位が星条旗で占められてきた。米ツアーのウェイストマネジメントフェニックスオープンで優勝したウェブ・シンプソンが11位から7位に浮上して10位以内に米国勢が実に7人。これは世界ランキ...

2020/02/16

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.12

河本結が米女子ツアーメンバーとしてのデビュー戦、ゲインブリッジLPGAで8位タイに入った。初戦でいきなりのベスト10入りは日本人選手5人目の快挙。今後の飛躍が期待される結果となった。

2020/02/09

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.11

2010年代(2010〜19年)の国内ツアーで最も活躍した選手は誰か。この10年間の優勝数や獲得賞金などから勝手にMVPを決めてしまおうという企画。前回の男子に続き、今回は女子編をお送りする。

2020/02/02

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.10

西暦などを10年単位で区切ったものを10年紀という。今年、2020年は新たな10年紀の始まりだ。そこで、先の10年紀、2010年代の国内ツアーで誰が最も活躍したのかを調べて勝手にMVPを決めてみた。今回は男子編。

2020/01/26

「いまどきツアーをデータ斬り!」国内外のゴルフツアーをあらゆるデータで一刀両断 Vol.9

米ツアーの2020年初戦、セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズを制したのは26歳のジャスティン・トーマスだった。これで米ツアー通算12勝目。現在20代の選手では単独最多勝となった。

2020/01/19