1. TOP メニュー
  2. 検索結果:藤田寛之が教えるグリーンの読み方

検索結果:藤田寛之が教えるグリーンの読み方記事一覧

パターをコロコロ替えるのは気分転換になるけど上達しない!エースパターを見つるけるコツは?

ブレードタイプ(ピン型)をはじめ、L字型やマレット、近年はネオマレットと呼ばれる大型のものまでパターの形状は様々。藤田流の選び方のポイントは? GOLF TODAY本誌 No.620/110〜113ページより 取材・...

2024/02/13

パターの悩みを解決するのはタップ式?ストローク式?どっちが合うのか2つの方法でチェック!

パターの打ち方は、大きく二つに分類される。タップ式とストローク式のそれぞれの特性を理解し、自分に合う打ち方を見つけよう。 GOLF TODAY本誌 No.619/128〜131ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮...

2023/12/27

「距離感が合わず3パット」の悩みを解決するには、ボールを見ずに何を見てストロークすればいい?

パットは打ち方がシンプルゆえに悩み出すときりがなく、深みにハマってしまう。それを解決するヒントを教えてもらった。 GOLF TODAY本誌 No.618/128〜131ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影/相田...

2023/12/11

「パッティングの時、グリップをしっかり握るとブレない」は大間違い!上達の極意は“ゆるゆるグリップ”

ミスパットは、打ち方が悪いのではなく、握り方(グリップ)に問題があるのかもしれない。 そこで自分の握り方を見直し、スコアアップを図ろう。 GOLF TODAY本誌 No.617/112〜115ページより 取材・構成・...

2023/11/17

パットのラインをよく間違える人は、グリーンに上がる前に外側から全体を見て傾斜を把握してみて

名手の藤田寛之が考える基本の「き」は何なのか?ビギナーだけでなく、ベテランプレーヤーもこの基本にもう一度立ち返ってみよう。 GOLF TODAY本誌 No.616/128〜131ページより 取材・構成・文/小山俊正 ...

2023/10/06

パッティングの時、右に押し出すミスと、左にヒッカケるミスのどちらが多く出ますか?

トライ&エラーとは試行錯誤という意味で、いろいろ試し失敗を重ねることで解決策を見いだすこと。これは、伸び悩んでいる人にとくに有効だ。 GOLF TODAY本誌 No.615/130〜133ページより 取材・構成・文/...

2023/09/10

上りのラインの練習が強いインパクトをつくる!普段は2メートル前後、ラウンド当日は10メートル以上からパターの練習を

どんな場面でもボールをしっかりヒットし強いインパクトを作るのが、パター巧者の共通点。それを実現するポイントは? GOLF TODAY本誌 No.614/126〜129ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影/圓岡紀...

2023/08/08

アドレスが長い人はパター巧者になれない!プランを考えるのはアドレスの前、構えたら1秒以内に動き出す

悪いクセや悪い動きはなかなか直らない。だが、諦めずにその原因を究明し、対策をしっかり講じることが重要だ。 GOLF TODAY本誌 No.612/124〜127ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影/圓岡紀夫 取...

2023/06/03

左手甲をフェース面に見立てる!?カップまで1~2mという微妙な距離の攻略法を藤田寛之がレッスン

俗に言う「入れごろ、外しごろ」とは、カップまで1~2メートルの微妙な距離を指す。この距離を攻略してスコアアップを目指そう! GOLF TODAY本誌 No.611/60〜63ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影...

2023/05/09

ラインが読めない!そんなときは立ち位置をズラし、ラインを「3D化」すると見えてくる

スコアアップには賢いコースマネジメントが不可欠。とくにパットはその成否がスコアに直結するためマネジメント力を磨くことがとても重要だ。 GOLF TODAY本誌 No.610/138〜141ページより 取材・構成・文/...

2023/03/30

パター練習どうしたら飽きずに上手くなれる?精度が向上し、確実に上達する方法

パター巧者になるためには日々の鍛錬が必須。ツアー屈指の名手として知られる藤田寛之がその“とっておきの練習法”を大公開! GOLF TODAY本誌 No.609/114〜117ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影/...

2023/03/03

あなたはフェード?ドロー?パッティングのスタイル別、ミス防止やライン読みの方法!

「己を知る」とは自分をより深く理解すること。自分のパッティングスタイルやクセを知ればミスが減り、カップインの確率が高くなる! GOLF TODAY本誌 No.608/124〜127ページより 取材・構成・文/小山俊正...

2023/02/01

3パットしてませんか?ショートパット&ロングパットに効く「距離感」をつかむコツ

3パットのミスをいかに防ぐかがスコアメイクの重要なポイント。それには「自分の感覚」をもっと生かそう。 GOLF TODAY本誌 No.606/126〜129ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影/相田克己 取材協力...

2022/12/08

パットのスランプは「お先に!」感覚で脱出できる!

コースに出ると緊張感や不安感、プレッシャーによって思い通りに打てなくなる。これを克服するには、練習を工夫してみよう。 GOLF TODAY本誌 No.604/124〜127ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影/...

2022/10/03

プレッシャーで思い通りに打てない...。本番に強くなれる練習法を藤田寛之プロが伝授

コースに出ると緊張感や不安感、プレッシャーによって思い通りに打てなくなる。これを克服するには、練習を工夫してみよう。 GOLF TODAY本誌 No.603/124〜127ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影/...

2022/09/17

なんとなくラインを読んでる迷子のあなたへ!藤田寛之プロが曲がるラインの攻略法教えます

曲がるラインは難易度がとても高く、油断すると3パットや4パットのミスを招く。この攻略法と苦手克服の特殊な対策を伝授! GOLF TODAY本誌 No.602/126〜129ページより 取材・構成・文/小山俊正 撮影/相...

2022/09/15

スタート前、練習グリーンで『やるべきパット練習』 藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

コースによって、グリーンのコンディションはさまざま。それをスタート前につかむことがスコアアップにつながる! GOLF TODAY本誌 No.599/132〜135ページより

2022/05/13

パットの方向性アップの極意 藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

パットは振り幅が小さく、芯に当てやすい。にもかかわらずボールを押し出したり引っかけたりしてしまう。この原因を解明し方向性を高めよう。 GOLF TODAY本誌 No.598/132〜135ページより

2022/04/10

ボールのコロがりをよくするには? 藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

コロがりをよくすれば傾斜に負けにくく、最後のひと伸びでカップインしやすい。その極意を伝授! GOLF TODAY本誌 No.595/126〜129ページより

2022/01/11

パットの距離感はボールを放り投げる感覚 藤田寛之が教えるグリーンの読み方&打ち方

3パットのミスを防ぐには距離感を養うことが必須。感覚や感性といった部分を大事にして自分なりの距離感を手に入れよう。 GOLF TODAY本誌 No.594/124〜127ページより

2021/12/02