1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|Q.ダフリ・チャックリが出ます  A.フェースが開閉すれば地面に刺さりません

ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|Q.ダフリ・チャックリが出ます  A.フェースが開閉すれば地面に刺さりません

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド Season3 vol.3

2020/10/06 ゴルフサプリ 編集部

スイング中の重心を整え、再現性を高める「グラビティメソッド」。
シーズン3では、ゴルファーの具体的な悩みを解決していきます。

大本研太郎
(おおもと・けんたろう)
レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格を所持し、データと理論に基づくレッスンに定評がある。新理論「グラビティメソッド」で、2018年PGAティーチングアワード最優秀賞。「GPC恵比寿」主宰。1974年生まれ。

Q.ダフリ・チャックリが出ます  A.フェースが開閉すれば地面に刺さりません

ソールから接地させると、アプローチは成功する

アプローチでは、フェースの開閉を抑えると思われがちですが、実はその反対に、クラブの特性(重さ)を利用して開閉するとミスになりにくく、アプローチは安定します。その理由は「バウンス」です。開いたフェースをフォローに向かって閉じるように使うことができると、「バウンス」の効果でソールが滑り、地面に刺さるのを防いでくれます。そもそもウェッジとはそう使えるようにデザインされているのです。

ダフリやチャックリに悩む人は、ソールが地面に当たることでミスになっていると考えていますが、実際には「バウンス」がうまく使えず、リーディングエッジ(歯)から落下して地面に刺さっています。ソールが当たることを恐れるあまり、ハンドファーストの度合いが強くなると、かえって地面に刺さりやすくなってしまいます。怖がらずにフェースの開閉がスムーズに行えるように練習してみてください。「バウンス」を使う感覚が身につくと、アプローチは格段にやさしくなります。

クラブの特性とバウンスを使えば、ソールは滑る

クラブの特性が働き、開いたフェースが閉じながらインパクトを迎えると、バウンスが滑るように働き、ダフらずにインパクトできる。

バウンス

サンドウェッジのソールにある大きな出っぱりが「バウンス」。まずバウンスが接地することで、ヘッドが刺さらず抜けていく効果がある。

[ミスの原因]腕が前に出ると、ヘッドは刺さりやすい

ボールに当てようとする意識が強くなりすぎると、カラダが回転しづらく、手がどんどん前に出るので、ヘッドにはブレーキがかかり、ダフリやチャックリを誘発する。
腕が前に出ると、逆にヘッドは後ろに下がってしまい、リーディングエッジ(歯)から落下しやすくなる。

フェースの開閉を使えば、アプローチは安定する

クラブは振り子のように使うのが正解。フェースは自然と開いて閉じるように動く。
アプローチではフェースの開閉を押さえたほうが良いと思われがちだが、実は逆。テークバックでフェースを開き、クラブの特性が働いてインパクトに向かって閉じていく動きが入ると、バウンスの効果で地面には刺さらず、ダフッたりチャックリすることはない。

フェースの使い方を身につける[右手一本ドリル]

右手一本で打ち、フェースの開閉を身につけるドリル。前腕の薬指側の骨(尺骨)を左手親指で押さえて、前腕をねじるように動かす。

右手薬指を意識してクラブを握る

右手の薬指にクラブがかかるように握るのがコツ。右手薬指でクラブの重みを感じながら振ると、適切なフェースの開閉が起きやすくなる。

GOLF TODAY本誌 No.580 118〜119ページより


カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season3―

 vol.2(前回)へ vol.4(次回)へ

【シリーズ一覧】カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season3―
Vol.1 Q.スライスが直りません A.フェースの「開閉順序」が逆になっています
Vol.2 Q.フックが治りません  A.フックグリップが強すぎるのでは?
Vol.3 Q.ダフリ・チャックリが出ます  A.フェースが開閉すれば地面に刺さりません
Vol.4 Q.飛距離が出ないんです  A.フェースが開いてエネルギーをロスしています
Vol.5 Q.バンカーが苦手です A.特別な打ち方をしようとしすぎていませんか?
Vol.6 ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|Q.打ち上げ、打ち下ろしでミスが出ます A.ミスを誘発するアドレスになっています
Vol.7 Q.ティショットで緊張します A.時間をかけすぎています。7秒以内で打つことを目指しましょう
Vol.8 Q.ティショットで大きなミスが出ます A.ミスを避ける方法を身につけましょう
Vol.9 Q.ドライバーでテンプラが出ます A.左右の動きを抑えてみましょう
Vol.10 Q.ヘッドスピードが遅いんです A.クラブとカラダのひっぱり合いが必要です

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド これまでのシーズン
カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season1―第1回 へ
カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season2―第1回 へ

関連記事