1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|Q.パッティングが苦手です A.まずはグリーンの傾斜に敏感になりましょう

ゴルフ新理論「グラビティメソッド」|Q.パッティングが苦手です A.まずはグリーンの傾斜に敏感になりましょう

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド Season3 vol.11

2021/05/13 ゴルフサプリ 編集部

スイング中の重心を整え、再現性を高める「グラビティメソッド」。シーズン3では、ゴルファーの具体的な悩みを解決していきます。

GOLF TODAY本誌 No.587 110〜111ページより

Q.パッティングが苦手です 

A.まずはグリーンの傾斜に敏感になりましょう

遠目からグリーン全体を見れば高さの違いがわかりやすい

一番低い位置を探して、全体の傾斜を把握する。

グリーンの傾斜を知るには、なるべく遠くから見て、全体の傾斜を把握することが重要。一番低い位置を探すと、大まかなパッティングラインがわかる。

傾斜をつかむことが、ゴルフにとって重要

苦手な人は多いですが、パッティングはゴルフを組み立てて、プレーのリズムを作るためにも重要です。そして、ラインがなかなか読めないと悩む人も多いと思いますが、コース設計家は傾斜を錯覚するように作っているので、見た目だけではわかりにくいというのは当然のことなのです。

ラインが読めないという人は、まずは遠くからグリーンを見て、大きな傾斜を把握するようにしましょう。例えば、登山中の山が、どんな形なのかはわかりませんが、遠くから見れば、その山の形状はわかりますよね。

グリーンも同様で、できるだけ遠くから全体を見て、一番低い位置を探すことが大切です。低い位置がわかると、大まかなパッティングのラインが分かるようになります。

そして、足裏=土踏まずで傾斜を感じます。これは目の錯覚を防ぐ意味があります。前後左右の体重配分を50:50で立つようにすると、人間が本来持っているバランスセンサーが働き、ヒザが自然に曲がるので、傾斜を体感することができます。もしくは、高い位置にあるほうの足裏に圧が感じられたりもします。

ゴルフでは本当に平らなところというのはほぼありません。ですから、パッティングに限らず、傾斜に敏感になることが大切です。

ショートパットはフェースがカップを向いていれば、ほぼカップインするものです。右肩が前に出るなどの、大きなエラーが起きないように、心理的な不安要素を減らすことで、ショートパットの成功率を上げることができます。

足裏から傾斜を感じ取る

大まかな傾斜を把握したら、できるだけ目線を低くして、自分のラインの細かなアンジュレーションを見る。足裏で傾斜を感じることも有効だ。

ツアープロは傾斜計を使って、自分が感じる傾斜が何%くらいなのかを練習で把握する。トーナメントの硬くて速いグリーンでは、3%以上の傾斜ではカップは切れない。プロは、3%以内の傾斜をシビアに感じることが出来る。

50:50の意識でヒザで傾斜を感じる

ボールの後ろに立ったり、ラインを跨いだりして、傾斜を知ることが出来る。前後左右の体重配分を50:50にするよう意識すると、人間のバランスセンサーによって、左右どちらかのヒザが曲がるので、傾斜を感じられる。足幅は肩幅程度にする。

ショートパットを外さないコツ

スコアの最後の仕上げがショートパット。意外と入らないカップインのコツを紹介しよう。

ショートパットの許容範囲は大きい

ボールから、カップの縁に棒を置いたところ。カップインするには、カップの先にあるエリアに止まるボールを打てばいい。その許容範囲は決して小さくなく、エリアをイメージすることで安心感を得られる。
多くの人がイメージするショートパット。許容範囲が狭く、右も左もミスが許されない雰囲気がある。結果として、緊張が増し、成功率が下がる。
許容範囲である「カップインエリア」内に打っているパット。やや右に押し出しているが、問題なくカップインする。

大きなエラーがなければ、ショートパットは決まる

フェース面がカップに向いていれば、ショートパットはほぼ決めることが出来る。外れるのは、カラダが動くなど大きなエラーが発生しているためだ。

ショートパットの典型的なミス。結果を気にするあまり頭が動いてしまい、右肩が出て、ひっかけてしまう。
ひっかけることが続くと、それを嫌がって右に押し出してしまうミスが出る。

大本研太郎

(おおもと・けんたろう)
レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格を所持し、データと理論に基づくレッスンに定評がある。新理論「グラビティメソッド」で、2018年PGAティーチングアワード最優秀賞。「GPC恵比寿」主宰。1974年生まれ。


カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season3―

vol.10(前回)へ vol.12(次回)へ

シリーズ一覧

関連記事